非球面と自由曲面の形状測定

非球面の計測ZYGOには、平面や球面などの単純な形状の質の高い表面測定を行うための装置やアクセサリの開発における幅広い経験があります。 非球面や自由曲面などのより複雑な表面形状は、設計からの正確な偏差を計算する場合も、レンズのベース半径を決定する場合も、現代の計測学が直面する困難な課題を提示します。屈折のある表面から回転非対称の表面、さらには固有の点群の定義を持つ表面まで、Zygoの製品で測定して、レンズの形状が設計とどのように異なるかを正確に特定することができます。一般的なアプリケーションでは、PVまたはRMSの結果を使用してレンズの形状を決定しますが、非接触式の全領域表面測定では、製造プロセスから生じるより局所的な誤差や非対称性を特定することができます。

非球面の計測非球面または自由曲面光学部品用測定ツールを選択する際に考慮すべきいくつかのパラメータがあります。テスト表面の寸法、非球面量、表面の数や測定時間は、測定ツールや測定技法を選択する際の有用な目安として検討すべき項目です。ZYGOは、複雑な形状評価のために、お客様と連携し、これらの重要な測定に関する決定をサポートいたします。